岡山県倉敷市の鍼灸院「美和はりクリニカ」のトップページ不定愁訴の鍼治療のメニューページへ消化器症状と鍼灸「症状に対するツボの配穴例」の詳細

 ここから本文


 逆流性食道炎には、中カンまたは上カン・左側の不容または上不容・膈兪・地機・陽陵泉の下方1寸5部で腓骨の前面部・内関などに刺鍼します。

 機能性胃腸症には症状により、足三里または地機・内関・中カンまたは下カン・胃の六ッ灸・小野寺臀部圧診点(上前腸骨棘と上後腸骨棘との中間で、腸骨稜より約3cm下方)などに刺鍼します。
また、鍼灸刺激による胃酸分泌抑制効果や精神安定によるストレス緩和効果が知られています。すなわち、消化性潰瘍患者において、中かん・陽陵泉・太衝への刺鍼により、潰瘍症状型への治療法が示唆されます。

 正穴ではありませんが、第10肋軟骨付着部の下端は、胃下垂症を中心に内臓下垂全般に使用します。
第1腰椎棘突起下縁の外方3寸5部(第12肋骨下部にて腰方形筋上)も胃下垂などに効果があります。また、側湾症による腰方形筋の左右差を整えるときにも緊張のある側を先に刺激します。
胃下垂症にはそのほか、足三里・中カンまたは下カン・胃兪またはその下方のツボなどに刺鍼します。

 過敏性腸症候群は難治であり著効のあるツボというのがあるわけではありませんが、、臍中四辺穴または天枢(便秘や下痢をくり返す症状に適用)・腹結(便秘には左側のみ使用、下行結腸に直接刺激。)・腰部の大腸兪または小腸兪(腹部のツボも含め、下痢には灸刺激の方がよい)・左の便通穴(第4~第5腰椎棘突起間の外方6cm)・合谷・上巨虚などに刺鍼します。

 また、内秩辺(臀部会陽と秩辺の間に取る。便秘症に対し、直腸や肛門部に後部より直接刺激)
蘭尾穴(足三里の下役2寸、やや内側で、脛骨と前脛骨筋との間に取る。下腹部痛の特効穴として使用。)なども用いることもあります。


前画面に戻る

美和はりクリニカのトップページへ