岡山県倉敷市の鍼灸院「美和はりクリニカ」のトップページ痛みの鍼治療のメニューページ膝関節痛主な膝関節痛の原因疾患の詳細

 ここから本文


1. 外傷性関節軟部組織損傷
 膝のスポーツ外傷により起こることが多く、単独で損傷する場合と複合して損傷する場合とがあります。
a. 半月盤損傷
 方向転換時や、ジャンプの着地に片足に体重がかかって捻ったとき等に発症します。
b. 靭帯損傷
内側側副靭帯損傷・前十字靭帯損傷の順に発生頻度が高いといわれます。
2. 関節症
a. 変形性膝関節症
b. 神経病性関節症
3. 炎症性疾患
a. 関節リウマチ(ra)
b. 偽痛風

4. スポーツ障害
 スポーツ障害には「スポーツによる外傷」と、繰り返しの使い過ぎ症候群である「スポーツ障害」があります。下記二つは、スポーツ障害の代表です。
a. ランナー膝
 長距離ランナーに代表される膝の屈伸をくり返すことの多いアスリートに発症するオーバーユース症候群で、その疾患には膝蓋軟骨軟化症・腸脛靭帯炎・鵞足炎があります。
 腸脛靭帯炎 → 大腿外側に存在する腸脛靭帯が、大腿骨外側上顆の骨性隆起との間で繰り返し摩擦することで炎症を生じて発症します。
そのため、膝の外側の緊張が高くなりやすいo脚の選手に発症しやすいとされます。
 鵞足炎 → 鵞足は、膝の屈筋である縫工筋・薄筋・半腱様筋腱が膝の頸骨内側面に鵞鳥の足のように広がって付着していることからこの名称がついています。
鵞足部の膝屈伸痛とともに、同部位に熱感と圧痛を認めます。内側の緊張が高くなりやすいx脚の選手に発症しやすいとされます。

b. ジャンパー膝
 ジャンプ動作では、大体4頭筋・膝蓋骨・膝蓋腱(脛骨粗面に付着)が重要な膝伸展機構として働きます。
ジャンパー膝は、同部位にジャンプの繰り返しによる過度の付加が加わって生じるもので、バレーボールなどでジャンプするスポーツ選手に多発する使い過ぎ症候群の典型例です。
 膝蓋腱炎 → 膝蓋腱炎は典型的なジャンパー膝障害であり、運動時の膝関節前面に痛みを生じ、膝蓋腱付着部に圧痛を認めます。
大体4頭筋が膝蓋骨上縁に付着している部位でもいわゆる付着部炎を生じることもあり、これもジャンパー膝の一つです。
 オスグッド・シュラッター病 → 成長期のジャンパー膝ともいえるもので、ジャンプなどの繰り返しで膝蓋腱が脛骨粗面を過度に牽引することで発症します。
身長の伸び率が高まる12~13歳頃に発症のピークがあります。

5. 骨軟部腫瘍
6. その他の疾患


前画面に戻る

美和はりクリニカのトップページへ