岡山県倉敷市の鍼灸院「美和はりクリニカ」のトップページ痛みの鍼治療のメニューページ橈骨神経麻痺/後骨間神経麻痺「鍼治療」の詳細

 ここから本文


 治療点を決定するに当たり、仮点としてのツボを用います。上腕を水平に上げると肩関節部にくぼみが二カ所できます。前方が肩ぐう、後方が肩りょうです。
また、肩りょうより肘頭に向かって3寸、三角筋後縁に臑会をとります。
その他、手首の陽池・陽谿なども仮点として使用します。

 鍼灸の経絡(ツボのライン)的に言うと、橈骨神経の支配を受ける肘の上下の手少陽三焦経は、陽池~肘頭~肩リョウを結ぶ線上で
四トク : 陽池(手関節背面横紋のほぼ中央)と肘頭の中間、総指伸筋と小指伸筋の間
清冷淵 : 肘頭から肩リョウに向かい上2寸
消レキ : 臑会と清冷淵の中央

 手の陽明大腸経は、陽谿~曲池~肩グの線上で
上廉 : 前腕後橈側にあり、曲池から陽谿(母指を伸展し、腱間にできる陥凹部)に向い下3寸
曲池 : 肘を曲げてできる肘窩横紋の外端
手の五里 : 曲池から肩グウに向かい上3寸
合谷 : 第1第2中手骨間陥凹部、示指側に按圧するとひびく

 フローゼのアーケードは、曲池と上廉を底辺とした睛3角形を後方に取り、その頂点あたり。あるいは、手太陽小腸経の小海(上腕骨内側上顆と肘頭との間の陥凹部、尺骨神経溝にあたる)からそのまま遠位に探って筋肉中にぴりっとした痛みを感じるところです。
また、回外筋のトリガーポイント(引き金点)による最も頻繁に起こりやすい関連痛領域は、手の太陰肺経の尺沢(肘窩横紋上にあり、上腕ニ頭筋腱の橈側)のやや下方外方です。


前画面に戻る

美和はりクリニカのトップページへ