岡山県倉敷市の鍼灸院「美和はりクリニカ」のトップページ不定愁訴の鍼治療のメニューページ機能性便秘

 すべての見出し一覧

 機能性便秘

便秘の概要

機能性便秘の分類

排便を促す反射および排便のメカニズム

生活指導

鍼灸治療

補足

主な見出しメニュー


 機能性便秘


便秘の概要

 便が長時間腸管内に停滞することで、大腸癌の発生頻度が高くなるとも言われています
便秘は、排便頻度や量が低下したために大腸内に便が貯留し、腹部不快感を伴う状態と定義されています。
便秘は、排便機能の異常を原因とする機能性便秘、消化管の狭窄・閉塞などを伴う器質性便秘、全身性疾患に伴う症候性便秘、薬剤による副作用で招じる薬剤性便秘に分類されます。
機能性便秘は、弛緩性便秘・痙攣性便秘・直腸性便秘にさらに分類されます。

 器質性便秘は、腸管自体の解剖学的異常や器質的疾患により招じる便秘です。大腸癌などが原因となるため、検査が必要となります。
症候性便秘は、全身疾患に伴う腸管運動障害による便秘で、糖尿病や甲状腺機能低下症・パーキンソン病などがあります。
薬剤性便秘は、腸管運動を抑制する薬物によって起こる医原性の便秘です。

 べんぴとは排便が順調でない状態を指しますが、排便は個人差が大きく1日に2~3回排便する人がいれば、2~3日に1回でもすっきりしている人がいて、回数や便量で便秘を定義することは簡単ではありません。
その人なりの規則性があり、2~3日に1回の排便ですっきりしていればべんぴとはいえず、毎日便通があってもその量がきわめて少なく排便に困難さや残便感を自覚し苦痛と感じれば、便秘症として治療対象となります。
女性が多く、便秘には明らかな性差が認められます。女性に便秘が多い理由は、排便に必要な括約筋や腹筋力が弱いことがあげられます。
診断は主に便秘は排便回数により、下痢は便の性状によってなされます。したがって、便秘と下痢は対立する概念ではなく、下痢便でありかつ便秘することもあります。

ページ最初の見出しメニューへ


機能性便秘の分類

 前述のように機能性便秘は、弛緩性便秘・痙攣性便秘・直腸性便秘に分類されます。
 弛緩性便秘は、腸管の緊張や蠕動運動が低下するために腸内容物が停滞して起こる便秘でもっとも頻度が高く、高齢者・無力体質者・長期臥床者・食事摂取量の少ない人に観られます。
便意および腹痛は少なく、便の通過遅延のため水分が過吸収され、堅く太い便となります。残便感は少ないといわれます。

 痙攣性便秘は副交感神経が過緊張状態になり、s上結腸を中心に下部結腸が痙攣性収縮を起こし、直腸までの輸送が傷害されて排便困難となるために起こり、過敏性腸症候群の便秘型です。
便意は強いが排出困難で、間欠的な腹痛や腹部膨満感があり、兎糞状の細い便となります。残便感が強いといわれます。
また心理的要因に左右されやすく、時に下痢と交代制を示し、不眠・不安感など精神症状を伴うことが多くあります。

 直腸性便秘は弛緩性便秘に類似しており、、便が直腸に送られても排便反射が起こらない便秘で、多忙であることや痔などのために便意を抑制する習慣の人や浣腸・下剤の乱用によって直腸粘膜が鈍麻したものに観られます。多忙な現代人に多く、堅く太い便となります。

ページ最初の見出しメニューへ


排便を促す反射および排便のメカニズム

 排便を促す反射には、以下のものが知られています。
1. 起立・結腸反射
朝目覚めて起きあがると、大腸が動きだす。
2. 胃・結腸反射
胃に食べ物が入ると、大腸が動きだす。これは朝に1番強く起こるため、朝食後に便意を催す場合が多いといわれます。
3. 直腸・結腸反射
便貯留によって直腸壁が進展刺激されると、大腸の蠕動運動が活発になる。

 直腸内に糞便が送られると、直腸内圧の上昇が起こります。直腸内圧が30~50mmhgに達すると、直腸壁に分布している骨盤神経の求心路を介して排便の下位中枢である仙髄s3 s4に刺激が伝達されます。
刺激は脊髄を上行し、大脳に達して便意を感じさせる一方で骨盤神経の遠心路を介して直腸運動を亢進させ外肛門括約筋を弛緩し、排便を促します。これを排便反射と呼びます。

ページ最初の見出しメニューへ


生活指導

 器質的なものを除外できれば、運動の励行や食生活の改善・排便習慣を付けるなどの生活改善を行います。
胃・結腸反射を利用した朝食後の排便習慣を身につけることは、便意抑制による直腸性便秘では、まず試みるとよいと言われます。
腹圧を高めるために腹筋運動や腹式呼吸を行ったり、ウォシュレットで排便前に肛門マッサージを行うのも効果的です。
心理的要因の強い痙攣性便秘の患者には、心身の安定化・ストレスの除去などが必要です。
和式トイレでしゃがむという前傾した座位姿勢では、直腸肛門角(直腸と肛門の角度)を直線に近づけ、肛門管(直腸と肛門を結ぶ管。肛門を締めたときに締まる部分)を弛緩させるため排便を補助します。

 弛緩性便秘の場合は、消化がよく食物繊維が多いものを奨めます。便量を増すことにより、腸通過時間の短縮・便の水分量の増加・腸壁への刺激の増加をはかることができます。
痙攣性便秘では、腸粘膜を直接刺激するカレー・辛子・わさびなど刺激物を制限します。
直腸性便秘にも、食物繊維の摂取が望ましいと言われます。
また腸内ビフィズス菌の割合が低下すると、腸内の異常発酵に伴う便秘を誘発するため、乳酸発酵食品を摂取しビフィズス菌を直接増やすか、ビフィズス菌増殖を助ける物質(オリゴ糖など)を摂取するとよいと言われます。

ページ最初の見出しメニューへ


鍼灸治療

 手足への刺鍼は、腸管運動を行進させることが知られています。蠕動運動の低下による弛緩性便秘に対しては、手足への鍼刺激が蠕動運動を促進して便秘を改善することが期待できます。
基本的には身体をリラックスさせる副交感神経が腸壁を収縮させ、興奮型の交感神経が緩める働きを担っています。
弛緩性便秘では、下行結腸に便塊による膨大を触知することがありますが、排便で消失します。痙攣性便秘では、左下腹部に腸管を柵状の腫瘤として触知することがあります。
弛緩性便秘には鍼灸の著効例を屡々経験しますが、難渋する症例も少なくありません。痙攣性便秘や直腸性便秘は、弛緩性便秘に比べ効果が落ちる印象が強いです。

   <個別の鍼灸治療>
弛緩性便秘の治療は、腸管運動の活性化を目的に、下肢への治療を優先します。方法は、施術者の左手で左下腹部の抵抗を感じながら下肢のツボの足三里・上巨虚・下巨虚にかけて軽く触診し、この中で腹部が最も反応する経穴(ツボ)に細い鍼で浅く留置鍼します。
腹臥位(うつぶせ)では、左腰部の便通穴(l4~l5棘突起間の外方6cm)や大腸兪にやや深めの刺鍼で雀啄術(鍼を上下動する)を行います。
さらに、左下腹部の外陵・大巨・腹結などから最も抵抗が観られる穴に細い鍼で浅く静かに刺入して抵抗部に当て、抜鍼スル単刺法を行います。

 痙攣性便秘の治療は、副交感神経亢進による腸管運動の以上興奮の鎮静化を目的に 、大腸兪から八りょう穴(とくに中りょう)などの腰仙部にやや太めの鍼で抵抗部に当て、雀啄して刺鍼します。
腹部ではTh10~Th12前枝の刺激 → 腹直筋上(天枢~関元)などに細い鍼で浅く刺鍼します。

 直腸性便秘の治療は、習慣として身についた直腸の排便反射の機能回復と活性化をする目的で、木下晴都氏提唱の左下腹部の腹結(左上前腸骨棘の前内縁中央から水平に右方へ3cm)を選穴します。速刺速抜で、細い鍼で抵抗に当てる主義を加えます。
腰部は、大腸兪から八りょう穴などの腰仙部にやや太い鍼で抵抗部に当て、雀啄して刺鍼します。

ページ最初の見出しメニューへ