岡山県倉敷市の鍼灸院「美和はりクリニカ」のトップページ痛みの鍼治療のメニューページ上腕骨外側上顆炎

 すべての見出し一覧

 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

上腕骨外側上顆炎の概要

テニス肘

疼痛誘発テスト

外側上顆炎の鍼治療法

上腕骨内側上顆炎

補足

主な見出しメニュー


 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)


上腕骨外側上顆炎の概要

 上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)は、中高年の女性でよく観られ、日常動作時での外側上顆の痛みで、外側上顆の手根伸筋群付着部に圧痛があります。X線像では変化が診られないとされ、腫脹があるときはほかの疾患を考える必要があります。

 上腕骨外側上顆(肘の外側にある骨の隆起部分)の圧痛・運動時痛および握力低下が主となり、前腕外側への放散痛や倦怠感などを伴うこともあります。
特に、前腕回旋運動や手関節背屈運動などにより痛みが増強するため、タオルを絞ったり重い荷物を持ったりすることができなくなります。重症例では、ドアノブや水道の蛇口を回す動作・コップを持つことさえも不可能になることがあります。
家事などでくり返す手関節の背屈動作で上腕骨外側上顆に付着している手根伸筋群の微細断裂が発端となって発症します。

 テニスなどのスポーツをしているわけではないのに、腕の痛みが出てくるケースというのは、主にバックハンドテニス肘の方です。
たとえば、キーボードやマウスを使う指の位置が手首より上になり、手関節背屈位でパソコンを使い続けると発症しやすいと言われています。

ページ最初の見出しメニューへ


テニス肘

 テニス愛好家に観られるテニス肘も病態は同じで、手関節の背屈運動や前腕の回外運動をくり返すことで、前腕伸筋群に過度の牽引ストレスが招じる結果、その付着部である上腕骨外側上顆に炎症や傷断裂による変性などを来す状態をいいます。
外側型テニス肘(バックハンドテニス肘)ともいわれ、バックハンドストロークのくり返しでインパクトの瞬間に前腕伸筋群に過度に緊張がくり返し加わることにより招じます。初心者やラケットの変更などが誘因になるとされ、多くの場合、安静時の痛みはありません

 一方、手関節の掌屈運動や前腕の回内運動をくり返すことで、前腕屈筋群に過度の牽引ストレスが招じる結果、その付着部である上腕骨内側上顆に炎症や傷断裂による変性・骨膜炎などを来す状態を上腕骨内側上顆炎といいます。
内側型テニス肘(フォアハンドテニス肘)あるいはゴルフ肘ともいわれます。フォアハンドストロークやサーブのくり返しにおける前腕屈筋群への付加によるもので、練習量も多く打球の強い上級者に診られます。
これらはそれぞれ、母指側の外側上顆に前腕の伸筋群、小指側の内側上顆に前腕の屈筋群が付着しており、ここに付加がかかるので痛みが生じます。

ページ最初の見出しメニューへ


疼痛誘発テスト

 患者さんの肘を伸ばしたままでの疼痛誘発テストにより、疼痛の再現が診られます。
Thomsen test(トムセンテスト) : 検者は手首(手関節)を曲げるようにして、患者には肘を伸ばしたまま検者の力に抵抗して手首を伸ばしてもらう。
チェアテスト : 患者に肘を伸ばしたまま手で椅子を持ち上げてもらう。
中指伸展テスト : 検者が中指を上から押さえるのに抵抗して、患者に肘を伸ばしたまま中指を伸ばしてもらう。

 短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん)は、肘の上腕骨外側上顆から伸びて手の第3中手骨底の背面に付着しています。作用は、手関節の背屈および橈屈で、テニス肘の原因筋と考えられています。
触診は、中指のみを伸展することで、この短橈側手根伸筋を動かして、筋腹を確かめることが出来ます。

ページ最初の見出しメニューへ


外側上顆炎の鍼治療法

1. 局所治療
 上腕骨外側上顆の圧痛部を目的に
曲池(肘を屈し、肘窩横紋の外端。肘関節の際によせる。)に直刺
次いで、曲池と肘頭との間の陥没した所(回内・回外させて硬結を探る。)に、前腕背部に沿って横刺し、3~5mm程度と浅く20分間留置鍼します。
この2点は圧痛が多い部位でもあり、また解剖学的にも前腕伸筋群の付着部位に刺鍼することにもなるので効果があります。
阿是穴(あぜけつ)とは正規のツボ以外の圧痛反応で、1番大事な治療点で、上腕骨の外側上顆または内側上顆の真上にあることが多く、骨の上なら円皮鍼(絆創膏に1mm程度の鍼が付いている)をします。

2. 近位治療
 上腕骨外側上顆に痛みのあるときには、前腕後面の伸筋群筋腹(主に短橈側手根伸筋)上に数本留置鍼します。筋腹には10mm程度で軽度の雀啄術(微細に上下に動かす)をします。上腕3頭筋にも緊張が観られる場合には、肘頭の上方から上腕後面の刺鍼も行います。
これらはすべて行うのではなく、圧痛反応により取捨選択して行います。肘の外側部における症状は鍼刺激による痛みやだるさが残りやすく、局所穴の刺入深度や方向に注意が必要となります。

ページ最初の見出しメニューへ


上腕骨内側上顆炎

 発症頻度としては、肘の外側が痛くなる上腕骨外側上顆炎に比べると圧倒的に少ないです。その理由は、前腕伸筋群の筋力が前腕屈筋群より弱いため、過度のストレスに対する耐久性に劣ることがその要因であるとされています。
痛みの原因となっているのは、上腕骨内側上顆に付着する前腕屈筋群で、その中でも最も痛みを感じる筋肉は、橈側手根屈筋と言われています。

 症状は、上腕骨内側上顆の圧痛・運動時痛が主となり、前腕内側への放散痛や倦怠感・握力低下などを伴うこともあります。
特に、前腕回旋運動や手関節掌屈運動などにより痛みが増強します。

 上腕骨内側上顆炎に使用するツボとしては
少海 : 上腕骨内側上顆の内縁。肘窩横紋上とあるが、反応により下方に移動
尺沢または曲沢 : 肘窩横紋上で、上腕2頭筋腱の外方または内方の反応のある側の陥凹部
 上腕骨内側上顆部だけでなく、前腕屈筋群の筋腹まで痛みが出ている場合には前腕前面のツボである孔最・ゲキ門まで圧痛・筋疲労の反応を確認し、留置鍼を行います。
屈筋群の疲労が強い場合には、上腕2頭筋にまで放散痛画出現するので、肘より前面上方の刺鍼も行います。

ページ最初の見出しメニューへ