岡山県倉敷市の鍼灸院「美和はりクリニカ」のトップページ痛みの鍼治療のメニューページばね指

 ばね指には、指の屈伸時の疼痛と指の付け根の圧痛が観られます

主な見出しメニュー


 ばね指には、指の屈伸時の疼痛と指の付け根の圧痛が観られます


ばね指の病態

 使いすぎなどの原因で腱と靱帯性腱鞘の間、すなわち滑膜性腱鞘に炎症が起きるとその部に疼痛・腫れを招じ、指の屈伸時の疼痛と指の付け根の部分にある靱帯性腱鞘に圧痛が観られます。
母指では一本の長母指屈筋腱のみがトンネル内を滑走しますが、示指から小指では二本の腱(深指屈筋腱・浅指屈筋腱)が同じトンネル内を滑走します。
ばね指に関係するこれらの屈筋腱は大まかには、上腕骨内側上顆・橈骨や尺骨の前面・前腕骨間膜などから起こり、手指の中節骨底や末節骨底で停止します。

ページ最初の見出しメニューへ


ばね指(弾撥指)とは

 一般的には、加齢的変化と使いすぎが原因で中年以降の女性に多く、妊娠出産期の女性にも多く生じます。スポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのも特徴です。
屈曲・伸転時に典型的なばね現象や、手のひら側の指の付け根の関節の靱帯性腱鞘(A1滑車と呼ばれる部のトンネル)に圧痛があれば、ばね指です。
圧痛の程度は炎症の程度と比例し、炎症が少なければばね現象のみとなり、炎症が強ければ屈伸時の疼痛が増します。

 慢性化すると、滑膜性腱鞘の炎症は腱の肥大化を招じ、靱帯性腱鞘も肥厚します。特にトンネルはさらに狭い状態となり、コブ状に肥大した腱が通過するときに引っかかるような現象が観られるようになります。
この現象は、屈曲した指を伸ばすとき容易に伸ばせないが、他方の手で助けて伸ばしたとき急にビーンと伸びます。これをバネ現象または弾撥(だんぱつ)現象と呼びます。
さらに病気が進行するとバネ現象はなくなり、曲がらなくなったり伸びなくなったりします。長期間このような腱の滑走障害による関節可動域制限が続くと、関節拘縮が二次的に発生します。

ページ最初の見出しメニューへ


鑑別を要する疾患

 腱鞘炎において、詳しい圧痛部位の探索は非常に大切です。
基礎疾患に、糖尿病・長期の透析患者・関節リウマチをはじめとする膠原病(こうげんびょう)が観られることがあり、このようなときには比較的炎症が強く、多数の指にばね指が観られることがあります。
結核菌などの感染症による腱鞘炎や膠原病による腱鞘炎の圧痛部は、限局性(正常部と病変部がはっきりしていること)ではなく、びまん性(病変がはっきりと限定することができない状態)であることが多いといわれます。
腱鞘炎と考え治療を奨めても難治性であるときには、病院で精密検査が必ず必要です。

ページ最初の見出しメニューへ


鍼治療法

 腱鞘炎治療の第一選択は安静ですが、仕事ではそうも行かず保存療法に抵抗する狭窄性腱鞘炎では、難治であることも少なくありません。
腱鞘炎は、慢性の内科疾患とは異なり、東洋医学の遠隔治療よりも、機能解剖に基づく局所治療が必須のような気がします。
鍼治療は、継続して頻回に行っても副作用の無い有用な保存療法です。

 ばね指の鍼治療のポイントは、罹患指の付け根の関節部を走行する屈筋腱の圧痛部の橈側・尺側に1本ずつ、計2本留置鍼します。
手のひら部は痛みを感じやすいので、細い鍼を使用し10分程度置鍼します。
また、ばね指に関係する屈筋腱の起始部や正中神経の支配領域を考慮し、肘の上から前腕前面を中枢側から傷害部位へ向かって刺鍼します。
また、指の付け根の圧痛部にローラー鍼を行います。痛みに敏感な患者さんにも有効です。

ページ最初の見出しメニューへ