岡山県倉敷市の鍼灸院「美和はりクリニカ」のトップページ痛みの鍼治療のメニューページ坐骨神経痛腰椎椎間板ヘルニア

 椎間板ヘルニアは、坐骨神経痛の原因の一つ。

主な見出しメニュー


 椎間板ヘルニアは、坐骨神経痛の原因の一つ。


はじめに

 骨と骨の間のクッションである椎間板はコラーゲンでできており、骨が変形するほど重圧がかかっていれば、椎間板にも同様に圧がかかっています。
椎間板は、重圧がかかるとお餅みたいにプーッとふくれてパンクして、中央にある髄核が上からの圧力によって後方に押し出された時、後ろを走る神経根を圧迫してしまい、足のしびれや痛みが生じてきます。
これが、椎間板ヘルニアの病態です。鍼灸治療については、「坐骨神経痛」の項に記述しました。

ページ最初の見出しメニューへ


腰椎椎間板ヘルニア

 筋肉性の腰痛と比べ腰椎椎間板ヘルニアでは、下肢症状がとれず難渋する場合もあります。現代医学による mri による診断研究により解ってきたことは
1. ヘルニアの自然縮小が認められること。
2. ヘルニアによる神経根の圧迫が有っても、腰痛や坐骨神経痛を訴えない人がいること。逆に
3. ヘルニアによる神経根の圧迫がなくても、腰痛や坐骨神経痛を訴える人がいること。
などです。これらのことから、ヘルニアによる腰下肢痛はヘルニアによる圧迫とその周囲における炎症の科学的因子が関与していることが証明されてきています。

 椎間板ヘルニアの場合は、腰痛のみを有する場合もありますが多くは下肢痛を有します。また、くしゃみ・せき・排便時の力み等腹圧上昇に伴って下肢痛が増強する場合が多くみられます。
椎間板ヘルニアの場合、疼痛に伴う脊柱側弯を呈することがありますが、この疼痛性側弯は疼痛から回避するための機能的な側弯であり、いすに座ることで側弯は消失するので構築的な側弯と鑑別されます。
椎間板ヘルニアの場合、前屈の可動域制限が出現します。この定量的評価としては、指先床間距離が用いられており、治療効果の判定にも有用です。
腰椎分離症による腰痛は、通常後屈強制によって出現することから両者は鑑別されます。

ページ最初の見出しメニューへ


腰椎椎間板ヘルニアのインフォームドコンセント

 椎間板ヘルニアの治療法は、手術療法とそれ以外の保存的治療法に大別されます。
神経根障害の発生には何らかの炎症が関与しているため、圧迫が残っていても炎症が治まれば症状は軽快すること。ヘルニアの形態によっては縮小消失してしまうことも期待されることから、基本的には保存療法が選択されます。
実際に椎間板ヘルニア患者の手術療法・保存療法を比較した研究によると、1年の短期成績では手術療法が優れているものの、4年以上の長期成績には両者に差はないとされています。
しかし、社会的な要因から早期の復職を希望する場合・耐え難い疼痛を有する場合・強い麻痺症状が存在する場合には手術療法が選択され、その頻度はヘルニア患者の約10%であるとされています。
膀胱直腸障害を呈する場合には可及的早期に手術を行い、馬尾神経の圧迫を取り除く必要があります。

 椎間板ヘルニアは、鍼灸治療で必ず直る病態では決して有りません。椎間板ヘルニアは自然縮小もあり、鍼灸治療によって自然治癒力を更新させること。それとヘルニア近傍の筋緊張を緩めることによって圧迫状態の改善・局所の血流促進・神経公約の解除などが期待され、自然縮小の促進と痛みの改善が期待できます。
しかしそれでも直らないことがあるので、経過を見て手術などの現代医学の治療に委ねるかどうかを判断します。経過を見るには通常の腰痛よりも長く、週2回以上の治療を1,2カ月継続してください。
一方、下肢伸展挙上テスト(slrテスト)や徒手筋力検査といった理学的所見の優劣は、必ずしも鎮痛効果や予後の優劣と相対していないようです。つまり、ヘルニアの重症度と改善率はあまり相関しません。そのため患者が手術忌避であるならば、とりあえず鍼灸治療を行うことは意義があると考えられます。

ページ最初の見出しメニューへ