岡山県倉敷市の鍼灸院「美和はりクリニカ」のトップページ痛みの鍼治療のメニューページいわゆる腰痛症

 非特異的腰痛(いわゆる腰痛症)

主な見出しメニュー


 非特異的腰痛(いわゆる腰痛症)


はじめに

 近年、腰痛に対する概念が大きく転換しつつあり、従来の椎間板の障害といった形態的異常を腰痛の病態とする考え方から、目に見えない機能障害という視点からも腰痛の病態を把握しようとする考え方が注目されるようになりました。
そして現在の腰痛の鑑別は、緊急を要する特異的腰痛(炎症や腫瘍・外傷などの重篤な疾患)と、その他の非特異的腰痛(いわゆる腰痛症)に鑑別されています。
ぎっくり腰は非特異的腰痛であり、その誘因としては、重いものを不安定な姿勢で持ち上げようとしたときや、洗顔などささいなことでも発症します。
3ヶ月以上持続する腰痛を、慢性腰痛としています。

  非特異的腰痛について
 変形性脊椎症・椎間関節症・椎間板症などの病名が使用されていますが、形態の変化と痛みとの関連は科学的に明らかではありません。
非特異的腰痛は、神経症状や重篤な基礎疾患を有していないものです。非特異的腰痛の原因は、厳密にどの解剖学的部位から腰痛が生じているかの決定は困難であり、現在は大まかに筋筋膜性・椎間関節性・椎間板性・仙腸関節性が考えられています。

ページ最初の見出しメニューへ


1. 筋・筋膜性腰痛

 筋膜を貫通している皮神経の絞扼障害(しめつけられる)・筋膜の疲労・筋断裂・筋内圧が原因としてあげられていますが、詳細は未だ明らかではありません。ほかに椎間板や椎間関節からの2次性のものもあります。
第3腰椎横突起外側は皮神経の分布が最大であるため、疼痛が発生しやすい部位です。
臨床症状として、痛みは動作性で可動域制限の低下(前屈時痛を伴う前屈制限)、腰椎の前弯症質、傍脊柱筋部に著明な圧痛点を認めます。
急性のものは、局所の熱感や腫脹がみられることもあり、椎間関節捻挫より疼痛域が上方も含めて幅広いことが多いようです。

ページ最初の見出しメニューへ


2. 椎間関節性腰痛

 椎間関節の変形性変化・異常可動性・外傷などにより、椎間関節に分布する脊髄神経の後枝内側枝が刺激されて腰痛が生じるといわれています。しかしその原因は、はっきりしていません。また、椎間関節だけが腰痛の原因となることは少ないと考えられています。
臨床症状は、腰部の疼痛部委は腰部・腰仙部で、左右いずれかの側に優位に痛みが出ます。関連痛が臀部・大腿部に現れますが、膝より下の下肢には及びません。関連痛が責任部位別に異なります。

 検査は、罹患関節に一致した圧痛があるかどうか、罹患関節部の後屈制限と後屈時痛(前屈痛が伴うこともある)の有無、急性時体動不能かどうか、患者自身が、痛みの最強部位を示すことができるか否かで判断します。

ページ最初の見出しメニューへ


3. 椎間板性腰痛

 椎間板変性が構造的に腰痛を惹起して、椎間板変性が炎症や疼痛誘発物質を排出することから痛みが出ます。
臨床症状は、圧痛点がはっきりせず、深部で重苦しく両側性の腰痛であることが多いとされます。
関連痛は、腰殿部・大腿外側部・鼠径部にみられます。寝ている時や同一姿勢をとった後の動作開始時に、腰のこわばったような腰痛を生じることが多いとされます。


4. 仙腸関節性腰痛

 骨盤周囲の筋の協調運動に破綻が生じ、関節の微妙なずれによって機能障害が起こることで痛みが生じます。疼痛部位としては、関節包・関節後方の靭帯領域です。
臨床症状としては、仙骨外側部に鋭く強い痛みと鈍い痛みがあります。また患側を下にした側臥位で、痛みを誘発することが多いとされます。
関連痛としては、大腿外側部に広がる痛み・下腿から足指にかけての痛み・大腿後面のつっぱり感・鼠径部の痛み・坐骨結節部の痛みが有りますが、痛みの範囲は連続しないのが特徴です。
検査としては、圧痛点(患側の仙腸関節部で圧を加える)、パトリックテスト、ワンフィンガーテスト(上後腸骨棘という骨の出っぱりあるいはその近傍2cm以内を最も疼痛の強い部位として指し示す)によって判断します。

ページ最初の見出しメニューへ