岡山県倉敷市の鍼灸院「美和はりクリニカ」のトップページ不定愁訴の鍼治療のメニューページ過活動膀胱

 非神経因性過活動膀胱

主な見出しメニュー


 非神経因性過活動膀胱


下部尿路症状

 下部尿路症状は、蓄尿症状と排出症状に分かれます。蓄尿症状の主な症状は、頻尿・夜間頻尿・尿意切迫・尿失禁などです。排出症状の主な症状は、排尿困難・残尿感・尿閉などです。
 一般的にみられる下部尿路機能障害には、前立腺肥大症・過活動膀胱・低活動膀胱・腹圧性尿失禁などがあります。

 過活動膀胱とは、膀胱活動の異常亢進のため尿意切迫感があり、頻尿・夜間頻尿、時に切迫性尿失禁がある状態をいいます。発症メカニズムは十分に解明されていませんが
1. 明らかに神経疾患に起因すると考えられる神経因性
脳血管障害や、パーキンソン病、脊髄損傷の後遺症など
2. それ以外の非神経因性
前立腺肥大症に合併する場合や骨盤底筋のトラブルおよび何らかの原因で膀胱の神経が過敏にはたらいてしまう場合や、原因が特定できない場合もあります。いくつかの原因が複雑にからみあっていると考えられています。この原因の特定できないものや加齢によるものが、実際には最も多く存在しています。
の二つの機序に大別されます。

ページ最初の見出しメニューへ


自律神経の影響

 下部尿路は、自律神経(交感神経・副交感神経)と体性神経(知覚神経・運動神経)の支配を受けています。蓄尿時には交感神経を介して膀胱の排尿筋を弛緩させ、内尿道括約筋および外尿道括約筋を収縮させます。また、体性神経も外尿道括約筋と骨盤底筋群を緊張させて蓄尿に働きます。
一方、尿が膀胱に蓄積しその圧によって尿意が起こると副交感神経が興奮し、膀胱の排尿筋を収縮させるとともに内尿道括約筋および外尿道括約筋を弛緩させて排尿に働きます。尿意を意識的に抑制する必要があるときは、大脳皮質からの抑制刺激が交感神経を介して一時的に排尿を抑制します。

 鍼治療で副交感神経を鎮静化できれば、切迫性尿失禁の治療に有効と考えられます。しかし、下部尿路症状の鍼灸治療法は、まだ確立されていません。
膀胱や子宮・卵巣はすべて骨盤内の臓器であり、骨盤内臓神経によって支配されている副交感神経への刺激には、第2~4仙骨(s2~s4)への刺激が重要となります。中リョウ穴刺鍼は、臨床研究において過活動膀胱に対して効果的であることが明らかになっています。
用いる経穴(ツボ)にどんな性質があるのかを確かめるためあえて全身治療を行わず、下部尿路症状への鍼治療を標準化し、基本的な治療を確立しエビデンスを構築しようとされている臨床研究者もおられます。

ページ最初の見出しメニューへ


過活動膀胱の鍼治療

 頻尿・尿意切迫感・切迫性尿失禁を訴える患者には
中リョウ(第3後仙骨孔部。簡便な取穴法としては、上後腸骨棘の内側下端と仙骨裂孔下部を直線で結び、その中間に取る。)を用います。

 また、痛みの管理が重要であることから会陰部や尿道の痛みがとれない場合は、痛みが改善されれば尿を貯められる膀胱になることを伝えます。
三陰交(さんいんこう;内果(うちくるぶし)の上際の上3寸。脛骨内側縁の骨際)
太谿(たいけい;内果頂点の高さで、内果とアキレス腱との間の陥凹部。後脛骨動脈拍動部)
などに細い鍼で1cm程度刺鍼して刺激を加えます。
特に三陰交が重要で、解剖学的には後脛骨神経領域であり、膀胱の知覚に関連すると考えられています。

 私は鍼通電療法は行いませんが、慢性骨盤痛症候群のような会陰部の痛みや不快感がある場合には、低周波置鍼療法による陰部神経刺激を行う治療家もおられます。
陰部神経刺激は、上後腸骨棘と坐骨結節下端内側を結んだ線上で、上から50~60%の領域におしりなので長鍼で左右に置鍼します。

 その他腰部では教科書的なツボの位置よりも圧痛硬結を重視し、腎兪・膀胱兪など数穴に刺鍼します。
腹部では、関元(かんげん;へその下3寸。伸長にもよりますが、4横指幅程度)
ツボではありませんが、関元の左右などに刺鍼します。
また膀胱活動の鎮静化を目的に、下腹部の関元の周囲にローラー鍼で優しい皮膚刺激を加えます。
治療感覚は週に1回を5回行い、効果を評価します。

ページ最初の見出しメニューへ


おわりに

 過活動膀胱の原因にもよりますが、前立腺肥大症に起因する過活動膀胱症状である尿意切迫・夜間頻尿に対しても中リョウへの鍼治療効果が報告されています。
鍼の治療法も確立されておらず効果には個人差もありますが、過活動膀胱による蓄尿症状に対して鍼灸治療は有効な手段であり、鍼治療は副作用がないことから薬物療法との併用が可能です。

ページ最初の見出しメニューへ