岡山県倉敷市の鍼灸院「美和はりクリニカ」のトップページ痛みの鍼治療のメニューページ胸郭出口症候群

 治療効果が思わしくない肩こりの原因の一つに、胸郭出口症候群

主な見出しメニュー


 治療効果が思わしくない肩こりの原因の一つに、胸郭出口症候群


胸郭出口症候群(tos)とは

 胸郭出口症候群は、それまで別の疾患として取り扱われていた頚肋症候群・斜角筋症候群・肋鎖症候群・過外転(小胸筋)症候群を同じ病因に由来する一つの疾患として総括すべく提唱されました。
現在は、腕神経叢が胸郭出口において圧迫・牽引などの機械的刺激を受けることにより神経過敏状態となり、頚部・肩背部・上肢に痛みや感覚異常・脱力などを引き起こす疾患群と考えられています。

 特徴的な症状は、上肢の痛みやしびれ・だるさ・冷感・肩や肩甲骨周囲のこりと痛みで、病態により上肢の挙上時もしくは下方への牽引時に症状の誘発増悪が認められます。
一方で、上肢の症状がなく、肩こりや背中の痛みのみの場合もあります。これといった原因が見つからず、治療効果が思わしくない 肩こり の原因の一つに胸郭出口症候群があげられます。

 罹病期間が長期化すると、頭痛・眩暈・吐き気・不眠・全身倦怠感・胃腸障害・発汗異常などのいわゆる自律神経障害を伴うことが報告されています。
また、先天的要因の影響が大きいと考えられています。

ページ最初の見出しメニューへ


胸郭出口部の解剖

 胸郭出口部とは、腕神経叢と鎖骨下動静脈が上肢へ向かう途中で通過する生理的狭窄部位のことで、斜角筋三角部・肋鎖間隙・小胸筋下間隙の3カ所に分けられます。体格による個人差も大きいことが知られています。

 絞扼(しめつけられる)部位による分類
1. 頚肋症候群
 第7頸椎横突起が延びて肋骨化した先天性奇形。頻度はほとんどないといわれます。本症候群は鎖骨下動静脈を圧迫しないので冷えは出現しません。

2. 斜角筋症候群
 斜角筋裂隙(前斜角筋、中斜角筋、第1肋骨で囲まれた部位)を腕神経叢と鎖骨下動静脈が走行しています。
前斜角筋緊張のため、これらの神経と動静脈が絞扼された状態です。手の薬指、小指にしびれや痛みがおき、握力も弱くなります。なで肩の女性に多く見られ、長く肩を下げていると症状が悪化します。

3. 肋鎖症候群
 鎖骨と第1肋骨の間隙が狭まって、鎖骨下動脈や腕神経叢が圧迫された時、指先に軽いしびれと血行不良をおこします。疲労・姿勢などの変化で肩が下がるとおこりやすいようです。

4. 過外転症候群(小胸筋症候群)
つり革につかまるような体勢をとると腕がしびれます。小胸筋と肋骨間の間隙を腕神経叢と鎖骨下動静脈が走り、上肢へと向かっています。
上腕外転時に、小胸筋の烏口突起(うこうとっき)停止部で、腕神経叢と鎖骨下動静脈が絞扼された状態です。

ページ最初の見出しメニューへ


発症要因と分類

 発症要因には、解剖学的異常を伴う先天性要因と後天性要因があり、複数の要因が重なることで発症のリスクが高まります。
後天性要因には、猫背やなで肩体型といった姿勢や体型の変化・趣味や職業といった生活環境因子・交通事故による外傷などが知られています。
また胸郭出口症候群は、 vdt作業者(パソコンワーク等で、長時間同じ姿勢を続けたり拘束的な作業をする人)などで、不良姿勢のまま上肢を酷使する業種に多く発症することが近年注目されています。

 胸郭出口症候群(tos) は、血管因性tosと神経因性tosの大きく二つに分類されていますが、 90%以上は神経因性tosです。
本症の約75% は、圧迫と牽引の両要素が複合しているとも報告されています。

ページ最初の見出しメニューへ


キーワード

 ルースの3分間挙上負荷テスト : ひじを90度曲げ、腕を90度外側に保持したまま、全指の屈伸を3分間続ける。
1分以内に手指のしびれ,前腕のだるさのため持続ができず、途中で上肢を降ろしてしまうと本症を肯定。これは肋鎖間隙で腕神経叢が圧迫されることによります。
特にルーステストは、 tosの理学テストの中で感度・特異度が最も高く、信頼性が高いテストです。
感度とは、疾患を持つもののうち検査陽性となる割合です。
特異度とは、疾患を持たないもののうち検査陰性となる割合です。
感度と特異度の高い検査ほど信頼性が高いといえます。

 理学テスト : tosに関係するものとして
脈管テストは、いろいろな動作で橈骨動脈の拍動が現弱消失し、症状の再現増悪があれば陽性とするテストですが、正常人でも陽性となることもあります。アドソンテスト,エデンテスト,ライトテスト等多数あります。
神経刺激テストは、脈管系を対象とせず、胸郭出口部における腕神経叢への付加を目的としたテストで、モーリーテスト・ルースの3分間挙上付加テスト・上肢の下方牽引などがあります。

 斜角筋 : 前中後とありますが、大まかには
起始は中下位の頚椎の横突起。付着は第1肋骨の上面や第2肋骨の外側面。
中斜角筋は前斜角筋と共に頚椎の前方にあり、第一肋骨を引き上げたり、頚椎を前屈、側屈したりします。

ページ最初の見出しメニューへ